ギフトを添えた電報まで

フラワー電報のようにお花と一緒にメッセージのプレゼントをするのも良いですが、フラワー電報以外にもギフト付き電報を利用して、メッセージを添えて相手の好みの品物をプレゼントするのも良いでしょう。ギフト付き電報はあまり種類がないと思われがちですが、実は様々なギフトが用意されており、それこそ食べ物やお酒からおもちゃまで、幅広い品揃えになっています。これならばシーンを選ばず、自由に贈り物を決めることができるといえます。お酒が好きならばお酒を、メッセージを贈る相手が子どもならばおもちゃなどを選んでみると良いかもしれません。

どのようなギフトが良いのか決めあぐねている、という場合にはカタログギフト付き電報などもあります。カタログギフトはカタログのなかから好きな商品を自分で選んで贈ってもらえるというもので、結婚式の引き出物などにもよく利用されますが、これを用いた電報サービスも登場しています。相手の好みが分からない、自分では決めきれないという方はカタログギフト付き電報を活用されてみてはいかがでしょうか。お祝いのメッセージに加えてプレゼントまで贈ることができるギフト付き電報も、フラワー電報と同じく、様々なシーンで活用できるでしょう。

 

祝電にも弔電にもピッタリ

昨今では使われなくなってしまった電報ですが、使い道はまだまだ残されています。電報はメッセージの内容に応じて祝電と弔電に分けられます。お祝いごとならば祝電、お悔やみのメッセージならば弔電と使い分けられているわけですが、フラワー電報ならばどちらのシーンにおいても相応しい意味を込めた電報を作成することが可能です。なぜなら、お花にはそれぞれ花言葉があり、イベントに合わせてお花を選ぶことで、メッセージに加えて自分の気持ちも含めることができるからです。感謝の気持ちやお祝いの気持ち、お悔やみの気持ちなどをお花と言葉を用いて表現できてしまうのが、フラワー電報の良さといえるのではないでしょうか。

フラワー電報サービス
画像引用元 {レペトワール / フラワー電報注文}

ちなみに、お祝いの時によく用いられるお花としてはブルースターやスズラン、胡蝶蘭やバラなどがあります。ブルースターは「幸福な愛」「信じあう心」、スズランは「純粋」「純潔」、胡蝶蘭は「純粋な愛」「幸福が飛んでくる」、バラは色によって異なりますが「愛」や「美」が根源の花言葉になります。反対に、お悔やみで用いられるお花には、ユリ、菊、カーネーションなどがあります。いずれも白色が用いられ、白色のカーネーションは「亡き母を偲ぶ」「私の愛は生きている」と、供花に相応しい花言葉を持っています。このようにお花には様々な意味が込められていますので、花言葉も含めてメッセージを作成すると良いでしょう。